カクテルパーティ効果でターゲットへ届ける3つの方法

Pocket

おやまだひろこ
おやまだひろこ
こんにちは。好きことブログ起業サポーター
地域コミュニケーター小山田紘子です。

ターゲットに向けて意図的に『カクテルパーティー効果』を活用することがあります。

カクテルパーティー効果とは??

騒がしい場なのに、自分の名前はしっかりと耳に入ってきたという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

人は自分の周囲にある、いろんな情報を無意識のうちに選択しています。

人混みや雑踏の中でも、自分に関係があったり、興味があったりするキーワードは、自然と聞きとることができる現象を「カクテルパーティ効果」と言います。

カクテルパーティー効果を営業に活用する3つ方法

人は興味のあるものに関しては情報感度が高くなります。

興味を持ってもらえなければ商品を売り込むことはまず不可能です。

興味を持ってもらうためにはどうしたら良いのか。

ポイントは3つ。

1つ目は 名前で呼びかける

その他大勢に呼びかけるより、名前で名指しされる方が響くのは当然ですよね。

2つ目は 期間限定・特別感を出す

「今だけ」「あなただけ」「期間限定」と特別感を出すと購買意欲も上がりますよね。

3つ目は 返信をする

特別感につながるのですが、コミュニケーションをとるということです。

多くの発信の中から、ターゲットを絞って、ペルソナに響く発信を心がけてくださいね。

続きは、無料オンラインサロンで。
みなさまのご参加をお待ちしていますね。[/word_balloon]

▶続きはナチュラルライフスタイルサロンで。

 

名前
メールアドレス

この記事を書いた人

Hiroko Oyamada

1978年生まれ/ 神戸生まれ育ち
30歳で結婚30代は子育てと仕事に女子力忘れる。40歳にして女子復帰宣言!!産後よりキレイに♪若つくりより若々しく。素敵なナチュラルライフを提案していきます☆
>プロフィールはこちら