樹木希林語録を私なりに解釈してみた

Pocket

好きなことを仕事に、好きな生活をするを究極に極めた人は、樹木希林さんと感じています。

結局、私自身は希林さんには会えなかったけど、私の周りには、希林さんとお仕事をした方が複数人いるんです。

樹木希林さんが、亡くなられた当初、あらためて彼女スタイルについて、いろいろと聞かせていただくこともできたんです。

ついに買ってしまった…。

この本。

発売されて何度も立ち読みでペラペラ見てたんですが、

ついに…。

彼女の本は何冊もあるけど、

私にとって全て良いけど、

これ!っていうものには、出会えていないのが現状でした。

今回手にしたのはこれ

「おとなの週刊現代」

2019年4月末発売で、特別号なんですかね!?

週刊現代の樹木希林の生き方と死に方の感想

ゴシップっぽく読みやすいとも言えるけど、あらためて手して読んだ感想は、

編集者、取材されてきた方々の

樹木希林さんへの想いが集結した1冊

になってます。

涙涙涙…となるほど!を繰り返して

一字一句しっかりと読んでしまいましたわ。

ほんと彼女スタイルにあらためて憧れます…。

樹木希林の考え方

・欲しいかほしくないかじゃなく、自分に必要かと必要ではないか判断する

・欲が出ると人は弱くなる

・最期に良かったと言える人生に向かって日々準備していく

私が樹木希林スタイルで1番なるほどなってこと

・車椅子生活になるかもとバリアフリーにお金を使ってもある日突然、ポックリ血管が破裂して死ぬかも、お金を使うなら、血圧のため、健康のためにお金を使いべき

・あれこれ選ぶ手間より、あの世に持っていけるわけでもなく、今必要なものだけの中でシンプルに暮らすのが結局、あれこれあるより便利。ない時にはなんとかなる。祈れば手に入る。

あくまでも小山田的解釈ですよ…。

通販番組みたいな

「個人の感想」ということで(^_^;)

とにかく

ぜひみなさまにも読んでみてほしい1冊ですわ。

アマゾンでも買えますよ☆

↓↓

https://amzn.to/2Welnnp